2021/2/15  若杉さんの 長崎“坂”物語2
2021/1/31 語り継ぐ“核廃絶・人類不戦”
2021/1/7 臨時休館及び開館時間変更のお知らせ
2020/12/25 クロストーク『ナガサキピースミュージアム×公害資料館ネットワーク』(12/19)
2020/12/24  被爆4世の中学生“継承”宣言!

開催中の企画展

岡本 泰彰  展
Pain Pain Go Away!

戦争、内乱、核兵器、乱獲、密猟、自然破壊、海洋汚染など、世界の様々な〈痛み〉をテーマに描かれた作品展。2009年~2019年にニューヨークとベルリンで制作した15点を展示します。
「Pain Pain Go Away!」は「痛いの、痛いの、飛んでいけー!」の英訳。

【岡本 泰彰(オカモト ヤスアキ) プロフィール】
1980年生まれ、長崎県西海市出身。2001年に単身ロンドンへ渡り、独学で絵画制作をはじめる。その後、バルセロナやモントリオール、グラナダ等を拠点に制作。2009年からニューヨークで10年活動し、ポー・キム(芸術家、The Sylvia Wald and Po Kim Art Gallery 創設者〉に師事した。
アート・スチューデンツ・リーグやナショナル・アカデミーに学ぶ。
国吉康雄 賞やThe Edward G. McDowell Grant, The Xavier Gonzalez & Ethel Edwards Grantをはじめ、海外を中心に数々の賞を受賞(奨学金も獲得)。
2019年にベルリンに短期在住した後、帰国し“長崎県展”にて新鋭賞 受賞。2020年10月に西海市大島文化ホール全館を使った個展「西の海で魚群と再会」を開催した。
個展は今回で12回目、これまでのグループ展(アートフェア含む)は108回。

期 間 * 2021年2月23日(火・祝)~3月21日(
開 館 * 9:30~17:30(最終日14:00閉館) 入館無料
休 館 日 * 3月1日(月)、8日(月)、15日(月)