2013/2/18 忘れないプロジェクト「3月11日14時46分にシャッターを切ろう」参加者募集!

2011年3月11日の東日本大震災発生から間もなく2年。長崎市在住の若杉弘さんは「震災を忘れないこと」で被災した方々の心の支えになりたいと「3月11日14時46分にシャッターを切ろう」と呼びかけています。 「東日本大震災 続きを読む 2013/2/18 忘れないプロジェクト「3月11日14時46分にシャッターを切ろう」参加者募集!

●福島・浪江町からピーススフィアへ「表彰状」(2012・11/3)

原発災害で全町が避難している福島・浪江町から町政功労者としてナガサキピーススフィア貝の火運動が表彰され、このほど賞状と副賞の酒杯が贈られました。   災害発生後いち早く支援に取り組んだピーススフィア貝の火運動は、取りあえ 続きを読む ●福島・浪江町からピーススフィアへ「表彰状」(2012・11/3)

2012/6/22 飯舘村からお礼の手紙

昨年さだまさし会長が南こうせつさんと一緒に訪れた、飯館村・菅野典雄村長から、お礼の手紙と震災以降の飯舘村の主な動きをまとめた「飯館村1年3か月の記録―災害と闘うふるさとを忘れないために」が届きました。 ご支援への御礼 月 続きを読む 2012/6/22 飯舘村からお礼の手紙

2012/03/18 幸せの黄色いてるぼう「みんな元気になあれ」

てるぼうは、全国の観光物産業者が観光地から、東日本大震災の被災地を応援するために復興を願うシンボルとして、発売されました。 2011/5/1~2012/3/15までに、327,094個が販売され、義援金は12,429,5 続きを読む 2012/03/18 幸せの黄色いてるぼう「みんな元気になあれ」

2011/12/21 富岡町、広野町からお礼の手紙が届きました

10月24日に貝の火運動のさだまさし会長らが義捐金を届けた、広野町と富岡町から、お礼の手紙が届きましたのでご紹介します。 <広野町のみなさん> この度の東日本大震災に際しましては、心温まるご支援さらには温かい 続きを読む 2011/12/21 富岡町、広野町からお礼の手紙が届きました

2011/11/25 『一日も早い原発事故の収束と早期帰村が念願!』~福島“義捐金”町村からお礼の手紙~

さだまさし会長らが“義捐金”を持参し激励した(10/24)のに対し、各町村長さんらからお礼の手紙が届いています。 ◆飯舘村長・菅野典雄さん<2011・11/23付> 『晩秋の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶 続きを読む 2011/11/25 『一日も早い原発事故の収束と早期帰村が念願!』~福島“義捐金”町村からお礼の手紙~

2011/11/10 ☆二つの“硬貨”募金!

長崎ブリックホールで行われたさだまさしコンサートの会場で多くの皆様から募金<東日本大震災被災者救援&ピーススフィア貝の火運動>を頂きました。 その中から2件をご紹介します。 ●関西のH・Mさんからの募金は、いつもの様に小 続きを読む 2011/11/10 ☆二つの“硬貨”募金!

2011/10/24 被災地<福島>へ義捐金届けました!

<双葉町> <広野町> <楢葉町> <葛尾村> NPOナガサキピーススフィア貝の火運動のさだまさし会長と歌手・南こうせつさんは10月24日(月)、東日本大震災・原発事故の影響で役場毎非難を余儀なくされている福島県の10町 続きを読む 2011/10/24 被災地<福島>へ義捐金届けました!

2011/5/6“目前の困窮した人に思いを致して手を差し伸べる”~アフガンの中村哲医師からお見舞い~

アフガニスタンで難民・住民の救援活動にあたっている『ペシャワール会』代表の中村哲医師から東日本大震災被災者へのお見舞いメッセージが届き、同会の会報(№107・4/18付)に掲載されています。全文転載します。 『現地の戻っ 続きを読む 2011/5/6“目前の困窮した人に思いを致して手を差し伸べる”~アフガンの中村哲医師からお見舞い~

2011/4/29~5/8 長崎空港で企画展『北川孝次写真展:がんばらんば!日本~被災地へ届け!世界の笑顔』

東日本では大地震・大津波に加え原発爆発事故が発生し、多くの死者・行方不明者が出ました。町並は崩壊して瓦礫と化し、住まいを奪われた人たちは避難生活を強いられています。いつになったら「平和な生活」に戻れるのか、原発の行方に怯 続きを読む 2011/4/29~5/8 長崎空港で企画展『北川孝次写真展:がんばらんば!日本~被災地へ届け!世界の笑顔』