2015/6/27 おはなし魔女の会

平和を語るものがたり
~おななし魔女の会“70年企画”(2015・7/18:長崎市)~

 「おはなし魔女の会」は、元NBC長崎放送のアナウンサー・平野妙子さんらが2002(平成14)年に結成した“ストーリーテリングを学ぶ会”です。ストーリーテリングは子どもたちが本に親しむ入口を作るひとつの手法です。民話や昔話・創作絵本の“ものがたり”を丸ごと覚えて子どもたちに語り継いでいます。少なくなった「語り」の文化とも言えます。

平野魔女の会ちらし・48.9KB

 『語り継がれた民話の中には、戦争の愚かさや平和の尊さを伝えるものがあり、世界の児童文学作家たちも時を越え平和の種を蒔きつづけてきました。そんな「ものがたり」の中から、7人の「おはなし魔女」が、心に響く作品を選び、ストーリーテリングで語ります。「ものがたり」の持つ力を味わいながら平和について考えるひとときをお過ごしください。』

●開催日時・2015年7月18日(土)13:00-15:30
●開催場所:長崎市上町1-35 「NBCソシア 3階ビデオホール」(電停「桜町」下車)
●入場料金:中学生以上500円(小学生以下は無料)
●内   容:7人の朗読のほか、児童文学研究家・二羽史裕さんのミニ口座「平和と児童文学」、佐世保市在住の音楽家・迎 菜保美さんの「平和を奏でるハープ演奏」など が予定されています。
●備   考:今回は、「長崎を最後の被爆地とする誓いの火」の協力、「核兵器廃絶地球市民 長崎集会実行委員会」の後援で開催されます。

連絡先は、☎090-8837-1731 平野妙子(ひらのたえこ)さんです。

コメント投稿は締め切りました。